motorinの気まぐれ日記 TOP  >  デジタル

作業モニターの憂鬱


今年初めに「benQアンバサダー」でプロジェクターのモニターをすることになって、久しぶりにブログを更新したのだけれど、あれ以来更新していなかったことになる。
一時はブログが主流だったけれども、最近はSNSが主になってしまい、長文を書くのが億劫になってしまったようだ。

今回はBenQデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」をモニターすることになった。
今作業で使っているモニターはEIZOのColorEdge CE240W だけど、何年使っているかの記憶も定かではない。
調べてみると、生産時期は2006~2008となっているので10年は使っている勘定になる。
常に専用ソフトにて調整をしているので、特に問題があるわけではないが、いつ何時ポックリ逝くかわからないから不安を抱えながらの毎日ではある。そもそもつないでいるPCもMAC PROのEarly 2008なのでこれ自体10年近くなるわけだが.....。
6月にBenQデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」のモニター案内が来て申し込み、6月20日ころ届いたのだけれど仕事が忙しくなり検証する時間が無くなってしまって24日に梱包を解いた。

2017-06-24_10-48-26_672.jpg  2017-06-24_10-49-49_139.jpg

ドライバーを探す必要もなかった、ねじ自体が蝶ねじに変身するようになっている、背面にケーブルを受けるためかフックもついている、それに何より軽い。
さて、現在の作業用モニターと入れ替えてみようとしたが問題発生、なんとHDMI端子とDisplayPortはあるがDVI端子がないのだ。DVIからの派生がHDMIであろうから変換プラグがあれば何とかなるかとAmazonに発注。

IMG_1746.jpg

2個もいらないけど、2個セットで売ってる。
早速変換プラグを介して接続したが、、、???なのだ。
2017-06-25_14-03-09_896.jpg

ディスプレイのディフォルトである「2560×1440」の解像度設定にすると文字が読めない。
ビデオカードはNVIDIA GeForce 8800GT だが、最大VGA解像度 2048x1536 となっているが、その近辺でも解像しない。
仕方ないから設定を下げたが、使いにくい。

名称未設定2

ここでビデオカードを新調するような愚はできないから、このMACでの検証はやめにした。

しばらく仕事が忙しくなって検証作業ができなかったが、モニター終了日が迫ってきている。
MAC Book PROにつないでみたら、これは問題ないがあまり意味がない。
スタジオでテザー撮影時に使っているモニターに置き換えてみた。
このPCはMAC miniだがもちろんHDMI出力端子はある。
IMG_1721.jpg 

まずはi1での調整から

2017-06-25_13-38-21_736.jpg

これで色調も問題なく使えるが、実際に使ってみるといろいろと気になることが出てきた。













[ 2017/07/28 11:15 ] デジタル | TB(-) | CM(0)

benQアンバサダーと新年会

 昨年の12月だったか、「benQアンバサダー」に登録していたが新しいプロジェクターをモニターする機会に恵まれた。プロジェクターというのは講習会等で必須だけれども、写真を主としたときにPCからの投影を考えると大型液晶モニターの方が発色の面からも優位だと思っている、ただそれほどの大画面のモニターを所有しているところはそうそうないし、携行しやすさでは当然こちらになるだろう。
実際の発色はどうなのか、使い勝手はどうなのかという事を検証したいが年末の忙しさゆえ中々出来ずにいたが、恒例のスタジオ忘年会をやらなかったので、新年会に変更してこの場で検証してみることにした。

いつもは宴会は夕方から始めるのだけれども、今回はあえて3時スタートにしたが酒が足りなくなりはしないかとちょっと不安。
スリッパの数も足りないので通路には赤じゅうたんを敷いて入口で靴を脱いでもらう事にした。
IMG_0467.jpg  ちょっと高級感が.....

集まる人数は15名前後、ひな壇の上にサブロクのベニヤを並べて90×360のテーブルをしつらえ背景には白のバック紙を垂らしたが、歩くスペースも考えるとプロジェクターとの距離は5m以上になってしまう、ワイド画面にしたいけれども2.7mのバック紙からはみ出てしまうのでやむなく普通サイズにした。

01_20170123160708532.jpg  03_20170123160710406.jpg

家庭用プロジェクターの位置付けなので投影レンズの設計はこれで良いのかもしれないが、他社のプロジェクターでも同じだが、講習会などで後ろに置きたいことがあるのでもう少し小さく投影したいと思う事はよくある。
横から投影することも考えたが、上下の台形補正は出来るが左右には対応していなかった。

IMG_0512.jpg

この「benQ HT-1070」はDLP方式(シングルチップ)という事でレインボーノイズに対してはどうなのかという事が気がかり、そこで多数の人に見てもらったわけだが、適当なコンテンツを用意できなかったこともあり、誰一人違和感は感じなかったようだ。

今回はパーティーの演出で使ってみた訳だが、写真の講習会などで使う場合は写真の投影が主となるため画質がどうかという事が気になる、いつも困るのは光量がありすぎてシャドーが出すぎたりハイライトが飛んでしまったりという事がよくある。
このプロジェクターはOSDメニュー(オンスクリーンディスプレイ)が充実していて、輝度、コントラスト、色合い、シャープネス、色温度、ガンマ等詳細な設定が出来るようになっている。

IMG_0513.jpg IMG_0514.jpg IMG_0515_201701231607283bf.jpg IMG_0516.jpg

更に入力ソースもHDMIが2系統、PC、USB、VGA、RS232など、外部出力端子と別にモノラルだが内臓スピーカーもついている。
1469082781.jpg


更に3Dモードもあるのだが、これはコンテンツがなかったので検証はしていないが、3Dで撮影した映像を大画面で鑑賞するという事も容易にできる時代なのだ。

付属のリモコンはキーが発光するので暗がりでも操作は楽だ。
IMG_0486.jpg IMG_0487.jpg

このbenQアンバサダープログラムのおかげで映像演出を加味した宴会となったが、初めのころはオシャレなMVを、最後は演歌になったのは言うまでもない。

02_20170123160709c14.jpg

IMG_0466_20170123160715d3f.jpg

この日の京都は大雪、降りしきる雪でタクシーは来ず。

帰宅は朝の4時半になってしまった。









[ 2017/01/23 17:18 ] デジタル | TB(-) | CM(0)

ソニータイマーじゃないが

  都市伝説だけれども、ソニータイマーと言うのがあった。
ソニー製の電化製品を買うと、保証期間が切れたころに故障が起こり買い替えを余儀なくされるというものだが、ソニーの高度な技術ゆえにそのような時限爆弾が仕掛けられていると勘ぐってしまうのも無理はない、もちろん偶然に過ぎないのだが実際経験したこともある。
写真がデジタルになって必要なものがコンピューター、それも高性能のAPPLEのマックプロというもの、もしくは同等のWindowsマシンが必須だから、高解像度の画像処理をする上で泣く泣く買わねばならない、しかしそう簡単には買えない。最高級デジタル一眼を買うに等しいかそれ以上の出費を要するのだ。
当然新品は買えないからオークションで購入して5年以上になる、もちろんそれ以前にはその当時のハイクラスのものを使っていた。同じような時期に購入した知人から最近故障して、復旧の相談を受けていたが最終的には新品を買う決断をしたようだ。
昨日、日曜日だったが、月曜納品を頼まれていたデータの修正作業のため電源を入れても起動しない.......
電源のLEDが点滅をしているから、メモリーの不具合のようだ。
このトラブルは以前もあって、4Gほどのメモリーを取り外していたので、またか....と、怪しいメモリーを引っこ抜いて起動した。残ったメモリーはたったの6Gしかないが、やむを得ない。
mem.jpg

メモリーなどは永久保証をしているメーカーもあるくらいで、途中で故障するとは思っていなかったがよくあるようだ。
そして、このマックのメモリーもすでにデスコンの部類になっている、つまりソニータイマーじゃあないけれどマックにも時限爆弾が組み込まれているのかもしれない。まあ電気製品の耐用年数は5年ほどだからこの2008年バージョンはすでに過去の製品なのだ。
そうは言っても最新の「黒いごみ箱」はそう簡単に買える値段ではない。
オークションで中古部品を探しながら、もう数年は頑張ってみることにする。
撮影機材も老朽化していて修理をしなきゃあならないが、これもだましだましの扱いで、自分の体のメンテナンスも含めて懐具合と相談しながらボチボチやっていくしかないのだ。年を取るということは残酷なもので現役で仕事をする上では「あと何年」という事を頭の片隅に置きながらやっていかねばならないことをどうしても考えてしまうのだ。
[ 2014/08/18 11:03 ] デジタル | TB(-) | CM(3)

外付けハードディスクとUSB3.0

 まあ、基本的に備忘録として書いているのだから文脈はむちゃくちゃです。

デジタルになって楽になった反面、納品後にデジタルデータの有無を聞かれることが多くなって保存しなければいけなくなった。フィルム時代はフィルムを納品してしまえばもうこちらの手を離れたわけで、あとで聞かれてももうありませんと言えばおしまいだった。ところがデジタルデータはいくらでも複製できるし、いくらディスクで納品してもすぐなくすクライアントが多くなったのだ。そうなるとどうやって保存しておくか......。CD、DVDでは容量が少ない、ブルーレイディスクという手もあるけどこれからまだ大容量のメディアが出てきそうだから、今のところハードディスクに入れたままだ。
そのたびにハードディスクを入れ替えて探すのも面倒なので外付けのハードディスクケースで抜き差ししていたがそれもまた厄介。いっそのこと全部のハードディスクを繋いでしまおうと購入したのが「裸族の集合住宅5BAY」というやつ。
ただ、USB2.0のままだと速度が非常に遅いのでUSB3.0のインターフェースボードも購入した。
USB3.0のインターフェースボードはただスロットに挿すだけだと思い込んで接続したが認識せず.....よく考えたら電源ケーブルを繋がなきゃならないのだった、MAC PROのパワーソケットの空きがなくて一番端のハードディスクを抜いてそのソケットを使うことで解決、USB2.0で接続したときに比べると3倍以上の速度でアクセスするようになった。

h.jpg

結果、こういう状態に.....黄色いアイコンが外付けハードディスク。

これで快適に作業ができると喜んでいたら、突然プチンとディスクが切れて「不正な取り出しでなんとか」とエラー表示が出てしまう。こうなったら何を疑うか.....PCのリソース不足か、電源のアンペア不足か???
一日悩んで結局わからずだったが今日になってひらめいた。

HD.jpg


これだ!
省エネルギー設定でスリープ状態は回避していたはずだけれど、「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」というところにチェックが入っていた。
購入した「裸族の集合住宅」はスリープ対応してないから、PCがスリープ指令を出すと電源が切れてしまうのだ。
それまでインターフェースカードメーカーにクレームを出したりして「新品を送ります」とまでの返答をもらったが、なんてことはないこちらの無知によるものだった。コンピューターは間違ってないのだが、人間はトラブルになると冷静な観察がなかなか出来ないのだなあと反省。
[ 2014/07/03 16:18 ] デジタル | TB(-) | CM(6)

芦生のトロッコ道 深夜

 姫ホタルという陸生のホタルがいて万博公園などの竹林等に生息している。
一般的に見る源氏ホタルなどよりも早い時期に線香花火の様な可憐なフラッシュ光を発して飛ぶので京都近辺で探していたが、大山崎の河川敷で見つけて感動した。しかしその短い時期にタイミングをうまくあわせられないのだ。以前、アウル京北でやっている写真教室の常連のAさんが芦生のトロッコ道で写した写真を見たと話をしていたが、京都新聞に連載されたこれだろう。

確かにトロッコ道に姫ホタルが舞っている、ここは何度も行った事があるが姫ホタルの出てくる時間帯は深夜なので、とても一人で行ける様な場所ではない。しかも記事によると7月になっているがはたしてそんな遅い時期に出てくれるのか眉唾ものである。
しかし、気になって行かずにいたらずっと気にしなければならないから思い切って行ってみる事にした。
当然Aさんも誘ってボディーガードになってもらう(失礼).....深夜の山中で動物に出会うのは恐ろしいかぎりだからだ。
少しは明るいうちに現場に着きたいから夕方5時に出発した、記事にあった様な場所に着いてカメラをセット、ここにホタルが現れてくれたら良い写真が出来そうだ。

_B7A0134.jpg

アウトドア用の携帯チェアーを持って行って正解、それから2、3時間待つ事になったが新月ではないが月はなく真っ暗になった、ホタルの撮影時にはどんなに暗くてもいくらか風景は写る、しかし木々に遮られて光が全くないのでいくら感度を上げて時間をかけても全く写らず真っ黒だ、目をこらしているとなんだか光った様な気がするが錯覚だった。そのうちあちこちから鹿の鳴き声が.....本当に一人で来なくてよかった。
熊が出て来ても嫌だから出来るだけおしゃべりをしながら10時近くまで粘ったが全く出てくれなかった。この左手は川が流れていて水生のホタルはいくらか飛んでいる、それでも林の向こう側だからここまでは来ない。
いくら出没が遅いと行っても中には気の早い個体がいるはず、こんなに暗いのに全く光らないというのはいない訳だからあきらめて帰路についた。
ふと空を見ると久しく見てなかった星空、子どもの頃住んでいた北海道の夜空を思い出してせっかくだからカメラをセット、うーん.....ピントが分からない。

_B7A0153.jpg

家に帰りビールを飲む頃には0時を回っていた、ほぼ7時間ほど費やしてしまったが酒を飲みに行くとこれ以上の時間を費やす訳で、今宵は健康的、安上がりな夜遊びとなった。

[ 2014/07/02 10:33 ] デジタル | TB(-) | CM(6)