motorinの気まぐれ日記 TOP  >  スポンサー広告 >  デジタル >  ストロボ修理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ストロボ修理

 先日仕事中にトラブルが発生したクリップオンストロボ、メーカーの住所を調べて送ったのが先月の28日だった。そのあとそのメーカーのホームページにファームウエアのアップデートの事が書いてあったのでもう一台も送った。その時に先の修理状況を知らせるように書いておいたが、アップデートされて返送された中にあった「修理票?」に進行中とか書いてあった。そもそも、修理を受け付けたのかどうか何も連絡がないので配送されたのかどうかもわからず心配していた。まあ、ファームウエアのアップデートに関する費用は送料も含めて無料だったから文句はないが、今時メールもあるし、FAX番号も書いておいたのだから何か連絡があっても良いだろうと思う。

そして今日、昼時に宅配便のドライバーから電話が入った「ニッシンジャパンさんから着払いで荷物が届いていますが...」と。たまたま(実はいつもだが)財布の中にはお札は入っていなかった。
じゃあ、ATMに行って来るからとドライバーに返事をしたが、当然待ってはくれまい、次は3時過ぎになりますと言って立ち去っていった。
ところがATMでお金をおろして、食事に出たらまだその車が近くにいたので受け取ることが出来た。
20130206_130359.jpg
中には修理票と納品書が入っていて、pcb交換点検とだけ書いてある。「pcb」って何だ?基板の事か?
まあ、代引き手数料とか送料は書いてなかったから良心的なんだろうけど.....。
もしかして、と思ってもう一度メーカーの「会社概要」を見たらやはり「日清工業有限公司」と書いてあった。
ニッシンジャパンという名前だからといってジャパンではないのだ。
普通の感覚として、受け取ったとか修理中とかせめて「修理完了しましたから発送します、代金は着払いで○○円です」というメールなりFAXが来るのが当然と思っていたが、やはり文化の違いがあるのだろう。

修理期間や代金には何も問題はないし、機器そのものの瑕疵はないのかもしれないが、自身の中で急速にこのストロボに対する信頼がなくなったのは事実だ。
[ 2013/02/06 13:35 ] デジタル | TB(-) | CM(2)
ニッシンジャパン株式会社ってなってますが。
[ 2013/02/07 01:12 ] [ 編集 ]
カギコメ様
日清工業有限公司のサイトには日清とかいてあったり日進となってたり、日清食品グループと書いてあったりしますが、日清食品のサイトにはストロボの「ス」の字もありません、不思議。
[ 2013/02/07 10:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。