motorinの気まぐれ日記 TOP  >  スポンサー広告 >  デジタル >  カラーマネジメントモニター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カラーマネジメントモニター

 以前にも書いたかもしれない、寒い朝MACを立ち上げるとモニターにムラが現れるようになった。
通常の「壁紙」を無地のグレーにしているのだけれどもそのせいで余計に気になってしまう、時間がたつと幾分解消されるのだけど、そのつど「そろそろ買い替え時期かなあ...」と憂鬱になるので無地のグレーをやめてモノクロ画像に変更した。
IMG_3686.jpg

 これで気にならなくなったのでもうしばらくは大丈夫と思っていたら、知り合いのカメラマンから電話が来た。
「モニターにムラが出てきて気になるから買い換えようかと思っている...どれがいいかなあ?」
同じような時期に購入しているからやはり同じようなことが発生するようだ。
「そりゃあEIZOのCGシリーズでしょう」と話すと、それが17万ほどするから考えているのだという。
まあ、AdobeRGBが再現できるモニターはサムスンも中国製もあるけど、と話すとそれは絶対いやだと即座に言う。昨今の領土問題を考えるとわからんでもない。
少し調べてみようと思っていたら次の日また電話が来て、買ったけどデュアルモニターの設定がうまくいかないとの相談、それにしても早い決断だ。電話で詳細を話すのが難しかったので次の日に見に行くことにした。
24インチかと思ったら27インチで結構大きい、持っていった分光光度計でプロファイルを作り正確な表示となったが、AdobeRGBとs-RGBの違いがどれほどのものかを確認することにした。
一番違いの出る「G255」を二つ表示させて片方をs-RGBにプロファイル変換してみたら愕然とした。
明らかにAdobeRGBのほうが鮮やかなグリーンが再現されている。いやなものを見てしまった、見なければそのまま我慢ができたのに見てしまうと今までのs-RGBのモニターは使えなくなってしまう。
それならプリンターの出力はどうなのかとやってみたら、やはり違いが出てきた。プリンターの色域の方がモニターの色域より広いから当然といえば当然だが、今までAdobeRGBでデータを作っていたから問題はないけれども実際に見ていたモニターは違う色を見せていたわけだ、まあ極端な高い彩度を使っていたわけではないからそうそう違いはないが、気持ちが悪い。

「カメラ欲しい病」や「レンズ欲しい病」だけではなくて「モニター欲しい病」が発病してしまった。
もう一度EIZOのサイトで検証、CGシリーズと別にCXシリーズがあった、キャリブレーションセンサーがついているかいないかの違いだけのようだ。それで7,8万の違いがある。それならセンサーは持っているのだから安いほうで問題はないわけだ、しかしそれでも10万超の価格だ。
あと10日ほどで確定申告を提出しなければならないが、還付金で買えたら良いけどなあ。
[ 2013/03/05 11:51 ] デジタル | TB(-) | CM(7)
おはようございます
悩み多いお歳ごろですね。
確定申告は私は還付金無しのようです。ま~それほど経済活動をしていませんので!
[ 2013/03/06 04:56 ] [ 編集 ]
す~様
確定申告終了、還付金で買えそうだと喜んでいたら税理士から昔の分の再請求書が届いた....そこに行ってしまう(涙)
[ 2013/03/07 17:36 ] [ 編集 ]
モニターはそうなんですが
モニターに関しては sRGBとadobeRGBで違うのは そうなんですが
実際問題 色域が広いと言われているインクジェットプリンターでも
詳細に見てみると、厳しいプリンターがほとんどです。

インクジェットプリンターは、JapanColorを完全にシュミレートできる
プリンタを入れると、印刷物とDisplayの表示物と
カラーマッチできる事が体験できると思います。
[ 2013/03/15 20:58 ] [ 編集 ]
PLIE様
何だか文章が良くわからないのですが....。
[ 2013/03/15 21:49 ] [ 編集 ]
現実世界の中で
大きな色の格差で認識できる所と
小さな色の格差でも認識できる所が
違うのです。

例えば 赤や緑など よくsRGBとadobeRGBでの格差を問題認識を
している人達は、そのdeの大きな格差のみを意識しています。

でも
小さな格差の代表格である 人の肌色に関しては、
ほんの小さい deでも 人間は見抜いていましうのです。

肌色のde 1.0の認識と コバルトブルーのde1.0 の 認識度合いは
全く違うという事です。

自分にとって本当に必要な色域が どこにあるのか、
それをきちんと自分で納得した上で、モニターやプリンターなどを
購入したら良いという事です。

adobeRGBだから 良いのではないのです。
全ての色領域をサポートしている最終媒体がないのですから。

プリンターも adobeRGBモニターもそのサポートしている色領域が
違います。
少なくとも モニターを新しくする時には、プリンターの色領域を
見極めてから購入する事をお勧めします。
[ 2013/03/16 17:17 ] [ 編集 ]
プリエ様 文字化けなのか化けすぎなのか
PCで見るコメントとスマホで見るコメントが違っているので話がかみ合わないのでした。
先のコメントがPCでは「モニターに関してはsRGBとAdobeRGBのとで違うのロゴはそうみたいなにゃん新着が
実际问题 」と表示されているのです。スマホで見るとモニターとインクジェットプリンターの話が書いてあるので納得なのですが。
chromeを使っているのですが、そのせいなのか、???です。
[ 2013/03/17 12:59 ] [ 編集 ]
プリエ様
chromeの詳細設定で「母国語以外は翻訳」にチェックが入ってまして、そのせいか、「翻訳」されて表示していたみたいです。日本語を日本語に翻訳していたようで訳のわからない文章で表示されていました。chromeが便利で使っていたのですがこんな落とし穴があったとは、参りました。
[ 2013/03/17 13:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。