motorinの気まぐれ日記 TOP  >  スポンサー広告 >  デジタル >  ついに「CC」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ついに「CC」

 Adobeのソフトウエアは写真を生業としている以上、なくてはならないものになっている。
特にPhotoshopは写真がデジタルに変わる以前から魔法の道具的な存在だった。
その間に「Live Picture」というこれまた魔法が使えるソフトウエアが登場して、かなり高価なソフトウエアだったけれども買って使ったほど、その魔力に取り付かれてしまった。

IMG_0196.jpg

あらゆる「魔法」を使うソフトが出て来たが、それらを買収して更に磨きをかけて進化して来たのがAdobeのソフトウエアだけれども、毎年バージョンが上がるたびにアップグレードするかどうか悩み、結局は新しいバージョンを使わざるを得ない状況になってしまう。
そのソフトがこれからは毎月課金されて「使用料」的なシステムに変わるという、これまた悩むところだけれども悩んだところで結果はいつも同じだから早々にそのシステムに屈服している。 
昨日、ついにその最新バージョンがインストール開始となった。作業途中のものがたくさんあるのでインストールするかどうか躊躇したけれども誘惑には勝てず、昨夜インストールしてみた。
CC.jpg IMG_0197.jpg

Photoshop CCの裏画面がこれだ、嫌いな猫がいる。右はCS6、「Lucky 7」の意味合いはそのうち識者が解説してくれるだろうが、一番の楽しみは「手ぶれ補正」が登場した事だ。

早速テストをと思ったが、適当な手ぶれ写真がなかなか見つからない。
だいぶ前に娘のテニスを撮影した写真があったからこれを使ってみたが、この時は屋内コートで水銀灯が暗く、早いシャッターが使えなかったから結構ブレてる、データを見ると1/160となっている。
before.jpgクリックすると拡大でブレが分かります、手ぶれというより被写体ぶれの方が大きいけど。

まだ「手ぶれ補正」の調整方法が分からないけど、とりあえずディフォルトで修正したのがこれ
after.jpg

なんとか2Lプリントくらいならごまかせるレベルだ、あとはピンぼけ補正ができたらもう二日酔いでも大丈夫ということだね。こんなソフトが出て来たらまたもやカメラマン生命が伸びるからあとは足腰を鍛えてちゃんと歩けるようにしておかねばいけないのだ。
[ 2013/06/19 10:59 ] デジタル | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。