motorinの気まぐれ日記 TOP  >  趣味 >  京都迎賓館

京都迎賓館

 7月の初めだったか「平成26年京都迎賓館参観 参観証」というメールが来ていた。そういえばメールで申し込みが出来たので申し込んだような気がする。そのメールをプリントして「参観証」になるというのがわからずに、そのうちハガキでも来るんだろうと忘れていたが、「早起きおっさんのブログ」でその事を知ってもう一度メールを探してみたわけだ。
8月2日の午後2時から4時の間のみ参観出来るように書いてある、次男坊を連れてまずは京都市美術館別館でやってる「視点京都展(日本リアリズム写真集団)」を一通り見て、御所近辺に駐車して昼食、御所に向かったが中途半端な雨で傘をさすべきかどうか迷う。京都御苑は700m×1300mの広さでしかも砂利道、歩きにくい。途中の瓦を見ながら、さすが菊の御紋だなあと感心していたら京都迎賓館になると五七の桐に変わった。
_B7A0685.jpg

_B7A0675.jpg

御所の中にあっても宮内庁ではなく、これは政府の管轄なのだ。
まずは南門の前で「参加証」の確認、そのあと地下のスペースで金属探知機を通り、参加証と身分証明書を提示してPC上のデータと照合、ようやく参観者のバッジを渡された。その後はロッカーに荷物を預ける事になっていて、持ち物はカメラ1台とパンフレットのみ、そこから地下道をくぐってようやく正面入り口に到着、ここでも左右は撮影禁止、正面のみOKなのだ。
_B7A0673.jpg

当然というか、途中の通路などは一切撮影禁止、池の橋上でも撮影は禁じられた。
_B7A0653.jpg _B7A0658.jpg

まあ、迎賓館だからしょうがないがどうしてもホテルの宴会場にしか見えない。ただかなり贅を尽くしているのだけはよくわかる。

_B7A0648.jpg

_B7A0665.jpg

池の鯉は旧山古志村からきているらしい、さすがにそこいらの池の鯉と違って綺麗な色つやだ。
_B7A0667.jpg
ウガンダ国王はこの船で大層喜んでいたそうだ。

おっと、今年はネタニヤフも来ていたのか......優しい気持ちを学んで帰ったのではなかったのか...。


_B7A0686.jpg
御所の中は「皇宮警察」の管轄、パトカーもちょっと違う黒塗りだ。

もう少し天気がよければゆっくり歩いてみたかったが、あいにく雨が強くなって来たので慌てて車に戻り帰路についた。京都の真ん中にこんなに広い静かな場所があって散策にはもってこいだが、なかなか「わざわざ」行く用事もないし、こういう一般公開の時にもう少し時間を取ってゆっくりしてみたいものだ。






[ 2014/08/04 12:24 ] 趣味 | TB(-) | CM(4)
さすが
さすがですネ、普通の人間には絶対気づかない瓦の紋を瞬時に見ることの出来る感性は凄い!
改めて能力の高さにカンパイ!!
[ 2014/08/04 19:39 ] [ 編集 ]
すー様
いやいや、実は私より先に気が付いたのは息子でした....戦国オタクなので。
[ 2014/08/05 09:31 ] [ 編集 ]
こんにちは
「さすが」のコメントは残念ながら私ではありません。

でもうらやましい限りです!
時々、前は通るのですが・・・・
[ 2014/08/05 17:02 ] [ 編集 ]
すー様
よく見ると違いました、瓦びとに誉めてもらうとは...と思ってたんですが(笑)
東京の赤坂離宮も行ってみたいです。
[ 2014/08/06 10:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する