motorinの気まぐれ日記 TOP  >  趣味

追っかけになりそうな予感

 2012年の12月、確か嵐山花灯篭が始まった日、寒いので帰ろうと思っていた時にパンチの効いた歌声が聞こえてきた。歌っていた美空ひばり座の前に着いた時には既に終了していたが、DMをもらったので検索したら「岡元愛美」というグラドルが出て来て??あれれ? よく見たら名前が違った、本当は「岡本愛美」だった。
549470_399233083488176_684643799_n.jpg

一度ライブに行ってみたいものだと思っていたが、なかなかタイミングが合わず今回の初ワンマンライブにようやく行くことができた。和歌山出身でFMはしもとにも出演しているようだ、先日5日ほど和歌山出張だったからこれも何かの縁だろう。

梅田のクラブクワトロ、こんなところは行ったことがないからチケットを3枚買って無理やり友人を誘って.....だ。
入場してみたら心配することはなかった、決して若者ばかりじゃなくて幅広いファンがいるようで安心。
それよりも、もし期待を裏切られたらどうしようかと。
ネットの動画などで聞いてはいたが、なにせ音質が悪いからはたしてどうなのかがよくわからない、前座の若者の演奏が終わってライブがスタートするまで不安であった。

リズミカルなパンチフルの歌から始まり、その後なかなか泣かせるバラードそして再びリズミカルな歌唱を聞かせてくれたが思った通りの好みの楽曲、そして歌唱力で安心。
帰りはCDを買ってサインしてもらう頃にはすっかりミーハー状態で握手してもらった手をどうしようかと(バカみたい)

IMG_0048_201406181622166d7.jpg   

会場を出て近くのお初天神通の居酒屋で仕上げ。
IMG_0051.jpg 無理やり同行してもらったフルーツケーキ職人、法貴貫志郎さん

オッさん二人、ライブ鑑賞の巻でした。
[ 2014/06/18 16:43 ] 趣味 | TB(-) | CM(2)

旅をして感じる「民度」

ドイツで戸惑ったのは鉄道だった。
なにより切符の買い方がわからない、大きな駅ならば窓口で何とかなるが地下鉄などは自動券売機しか置いていないし、さっぱりわからなかった。途中から英語や日本語を選択できる券売機もあることに気が付いたが、それより戸惑ったのが改札がないのだ。入口になにやら切符を入れると刻印する装置があってこれに自分で刻印して入る、それがプラットホームにある駅もあってなかなか難しいのだ。
長距離になると窓口にせよ券売機にせよ購入した切符(というか、書類)に自分で名前を書き込まねばいけないらしい。
車内で検札が回ってくるが、その時に名前を書けと高飛車に言われて意味がわからなかった。
回収もしない切符(書類)に名前を書いてどうするのか?
検札が来るから切符を買わなきゃならないのはわかる、ただ、地下鉄(Uバーン、Sバーン)などは検札など来ないからいくらでも不正が出来そうだ、もちろん下車した後はそのまま外に出るようになっている。
なぜ改札がないのか不思議でドイツ人に聞いてもはっきりした答えは返ってこなかった。

_1090732.jpg

まあ、かなりの数の駅があるわけでこれらにすべて改札口を作り人員を配置するか機械を設置する費用と、不正乗車の損出を勘案すれば今のままでいいのかもしれないが、先進国ならではの「民度」の差かもしれない。

ミュンヘン中央駅からフュッセンまで娘に往復二人分の切符を買わせて乗車した、行きは検札が来て刻印していったが、帰りは来なかった。座るところが別な車両になってしまって切符(書類)は一枚だけなので検札が来たらどう説明しようかと思っていたから良かったが、あとでよく見ると片道しか買ってなかったのだ。検札が来たら罰金を支払わねばならなかったところだ。

ダッハウ収容所からの帰りもバスで運賃を支払うことはなかった、乗車する客が多すぎていちいち運賃を徴収していたら遅れてしまうのだろうけど、これも不可解だった。
[ 2014/01/09 13:15 ] 趣味 | TB(-) | CM(2)

水も滴るボクシング

 ずいぶん更新をしていなかった、最近はFBの投稿が多くなってしまってブログにはどうもメンドクサイ内容の事をアップしてしまう傾向が強くなって来ていてちょっと反省。
3年前から撮影し始めた女子プロボクサーの秋田屋まさえ選手が引退を決意してしまったから、今後ボクシングを撮影する事もそうないだろう。先日(8/10)その秋田屋選手の引退セレモニーがあるというので出かけたのが大阪のアゼリア大正ホール、行きにくい場所なので車で行こうかと思っていたけど結局JRで行き、タクシーを使った。終了後すぐに帰路についたけれども淀川の花火大会があって大阪駅は大混雑、乗り換えのホームまで1列で歩かねばならない状態。家に着く前にビールを一杯と思っても駅構内の店は既に閉店している、ようやくビールにありつけたのが夜の11時過ぎていた。翌日は体中が痛い、リングサイドでの撮影はどうしても無理な体勢が続くので普段使わない筋肉を痛めてしまうようだ。
_E5W1175.jpg
そのボクシングの写真、うまくクリーンヒットして汗が飛び散る瞬間をとらえたいけれどなかなかそううまくは行かない、所詮にわかスポーツカメラマンなので動体視力も反射神経も全てがダメだ。
その飛び散る「汗」だけれど、汗だけではないのだ。
各ラウンドの間に1分間のインターバルがあるが、その間にセコンドが頭から水をかけて冷やしている、その量もかなりのもので、頭からずぶ濡れ状態で次のラウンドに入る訳、だから動くたびに水滴がほとばしるのだ。つまり1ラウンド目は汗もかいていないし水も掛かっていないから水滴はほとばしらない。
女子プロの場合は、髪の毛が長い選手にはあまり水を掛けないのでさほどでもない。
まあ、女子といってもほとんど男のような風貌の選手も多いから短髪の選手には容赦なく水をかけてるけどね。

[ 2013/08/12 16:28 ] 趣味 | TB(-) | CM(2)

姫ホタル

 梅雨の時期になるとSNSなどでは盛んにホタルの写真がアップされる。
写真家仲間が「お友達」であるということもあるけれど、特に名古屋近辺の方は「姫ホタル」の画像をアップされる。さすがに上手でどうやって撮影しているのか不思議なくらいな完成度だ。
「姫ホタル」というのを知らなかったが、名古屋の相生山というところが名所らしい。あと大阪の万博公園近辺も有名らしいが、ゲンジボタルや平家ボタルと違ってフラッシュのように発光するらしい。その写真を見せられるとどうしても姫ホタルを写してみたくなった。
ゲンジボタルは光りながら飛ぶので光跡がなかなか綺麗にならない、ホタルの機嫌しだいで難しい。この姫ホタルが京都でも見られないものかと調べてみたらあった、大山崎にある竹やぶだ。
ただし、光るのは夜10時過ぎから深夜1時頃らしいからその時間はいつも酒を飲んでしまっている。
昨夜は得意先のホームページの修正をやっていて夜9時くらいまでしらふだったから、このまま出かけて撮影する事にした。撮影するというより、本当に姫ホタルがいるのかどうかの確認でもある。
 なんと行きにくい場所か.....なにせ車を止める所がないのだ。
かなり遠いパーキングに駐車して数キロは歩いた、いくら目を凝らしてもホタルなんぞいない。
真っ暗なベンチに腰を掛けて少し待つ事にしたが、途中誰かが歩いてくるような感じがして身構えたが誰もいなかった。11時過ぎてそろそろ探してみようかと歩いていると、足下で確かに光った。そのうちあちこちでかすかな閃光が見える、これが姫ホタルか!
早速三脚をセットしたが老眼鏡を忘れてきて大失敗、テスト撮影をしてピントを合わせるのだが、合ってるかどうか良く見えないのだ。出来るだけ開放に近い絞りで撮りたいからピントはちゃんと合わせたいけどじれったいのだ。
02_20130607153342.jpg  001_20130607153343.jpg
どこから出てくるのか知らないけれど気がついたら三脚に止まって光ってたり、足下で踏みそうになる。
それが皆集まってくれたら良いけれど、そううまい具合には動いてくれない。
何故か竹やぶでは光らずに道端まで出てきて飛んでいるから木立を背景に狙う事にしたが、真っ暗で薄気味悪い。
普通、ホタルを見に人が集まるだろうけど、こんな深夜で不便な場所だから本当に誰もいないのだ。
またこのホタルは写真向きであって、鑑賞用には向かないような微かな閃光、派手さはないのだ。それでも感動して深夜1時過ぎまでホタルと戯れていた。残念な事に曇り空だから街の明かりが拡散して深夜でも空が明るい、すぐ、昼間の様な写り方をしてしまうから撮影は厄介な部類になるだろう。
パーキングまで戻って駐車料金を払おうと思ったら、千円札がない!深夜でどこもあいてないしコンビニなぞない!駅まで行ったがすでに閉まっている!
泣きそうになったが、近くのレストランが閉店後の片付けをしていたから、頼んで両替してもらった。ここがあいていなけりゃ朝までいる事になったかも。
01_20130607153345.jpg
しかし、うまく撮れなかったからもう一度挑戦する事にする、今度は誰かを連れて行かないと寂しいな。
[ 2013/06/07 15:52 ] 趣味 | TB(-) | CM(2)

北の地で花見

毎年花見の頃は寒いしタイミングが悪かったりで花見らしいことをしたことがない。
時期的には暇なのだけど、暇ということは遊ぶ金もないわけであまり花見をしたい気にもなれないのが実情。

昨夜は飲んだくれて大騒ぎ、発散できて気分も最高天気も最高で、すがすがしい朝を迎えることができた。

20130517_105914_edited.jpg

帰りの飛行機は夕方5時すぎだからたっぷりと時間はある、スープカレーやサッポロラーメンに舌鼓をと思ったが、昨日の酒で長谷さんはすっかりグロッキーで、朝食も食べることができないのだ。
仕方がないから大通公園で定番のこれを.....
IMG_0124.jpg
「カレーなんて辛いものは...」とか「食べもんの話をすると胃液が上がるう...」てな調子だからしばらく歩き回って時計台とか二条市場とかうろついて、そろそろ大丈夫かと思ったけど、だめらしい。
それならと札幌駅に荷物を預けて手ぶらになって円山公園に花見としゃれ込んだ。

IMG_0138.jpg  IMG_0137.jpg

IMG_0125_20130520115326.jpg  IMG_0123_20130520115324.jpg
北海道の桜は「エゾヤマザクラ」で本州のソメイヨシノとは違って花も小さいし葉も出てるからソメイヨシノに見慣れていると、どうも美しいという感じではないが、長い間雪に閉ざされていてやっと春になった感じは、やはり桜ならではだろう。
そこら中からバーベキューの匂いが漂ってきてすきっ腹に効く。
IMG_0135.jpg 
20130517_150751_edited_20130520152521.jpg 林の中にはまだ雪が残っていた


もう我慢が出来なくなって屋台のつぶやきと生ビールで一息ついた。
IMG_0140_20130520115338.jpg

桜も良いけれど、芽吹いたばかりの白樺や落葉松の新緑が眩しい美しさだ。
IMG_0141.jpg   20130517_135518_edited.jpg

ほどよい時間になって空港まで向かい、日の落ちかけた千歳空港を後にした。
関西空港に到着したのが夜の8時すぎ、36時間の札幌ツアーが終了した。安達っちゃん、札幌のオネーさん達、楽しい宴をありがとうございました。



[ 2013/05/17 22:50 ] 趣味 | TB(-) | CM(4)