motorinの気まぐれ日記 TOP  > 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんという一週間

Facebookを始めてからすっかりブログの更新をしなくなってしまった。
先日友人の通夜、葬儀が終わり雨で仕事が流れ暇な時間に思い出してブログを更新したのが4月10日の昼前だから、その1時間後に起こったらしい事故。昔務めていた会社でスタジオを作り社員も増やし、ようやく軌道に乗ったころ入社したカメラマンだが、会社が倒産してからは皆フリーランスの道を歩んでいた。私よりも若いし精力的に仕事をしているので前日も遅くまで仕事があったらしい、そして次の仕事に向かっている途中、高速道路のトンネル内で側壁に激突してしまった。
夕刻、不確定ながらの情報が入って「なにいっ!!」と声が出てしまった。それから情報を集めるがどうやら真実だという事が徐々に明らかになって来て、その夜は眠ることができなかった。
朝方にはWEBサイトでも、新聞でも確認出来るようになって、ようやく連絡がついた奥さんから葬儀日程を聞くに至った。
毎年1,2回は温厚な彼の力を借りる仕事があって、今年もやってもらうつもりでいたのに.....。
そういうわけで、この一週間は本当に辛い毎日になってしまった、昨夜の通夜そして先ほど告別式に参列してスタジオに戻り、気持ちを整理する意味でこれを書いている。いつまでも喪服をそのままにしておくとろくなことがない、早々にクリーニングに出してきたところだ。
[ 2015/04/12 15:02 ] 日常 | TB(-) | CM(2)

友の死

 もう何年前の写真だろう.....彼がファッションモデルをやり始めた頃琵琶湖のほとりで撮影したものだ。
一昨年に肺がんが見つかった時には既に末期だった、その後畑が心配だというので病院抜け出し大根の種まきを手伝ったが辛そうだった。ホスピスに入院してからはわりと穏やかに過ごしていたし土日はみんなお見舞いに行くだろうと思ってちょっと間が空いていた。
来週は仕事がないので様子を見に行こうと思っていた矢先、4月6日の朝、昏睡状態の知らせが入った。急にどうこうじゃないと思って明日でもと思っていたが、2時少し前に気になって車を走らせた。途中、堅田まで着いた頃亡くなったという知らせが入った、亡くなったのはまさに気になって車を走らせた時刻だった。ホスピスに着いたのは3時半過ぎ、色々な手配で家族は誰もいなかったがいつもと同じ状態で眠っていた。
しばらく傍にいたがやはり動く気配はなかった、やっぱり死んでしまったんだなぁと手を合わせて帰って来た。

0005_20150410111800c29.jpg

彼とは20代の頃からの付き合い、熱気球をやっていたのでよく一緒にあちこちに出かけた。アルバカーキーの大会、オーストラリア横断レース、崩壊直前のソビエトなど良い経験をさせてもらった。
通夜、葬式のなかで古い友人にも出会う事が出来た、彼のおかげでたくさんの出会が生まれた事を感謝して別れを告げた。 合掌



[ 2015/04/10 11:28 ] 日常 | TB(-) | CM(2)

ソニータイマーじゃないが

  都市伝説だけれども、ソニータイマーと言うのがあった。
ソニー製の電化製品を買うと、保証期間が切れたころに故障が起こり買い替えを余儀なくされるというものだが、ソニーの高度な技術ゆえにそのような時限爆弾が仕掛けられていると勘ぐってしまうのも無理はない、もちろん偶然に過ぎないのだが実際経験したこともある。
写真がデジタルになって必要なものがコンピューター、それも高性能のAPPLEのマックプロというもの、もしくは同等のWindowsマシンが必須だから、高解像度の画像処理をする上で泣く泣く買わねばならない、しかしそう簡単には買えない。最高級デジタル一眼を買うに等しいかそれ以上の出費を要するのだ。
当然新品は買えないからオークションで購入して5年以上になる、もちろんそれ以前にはその当時のハイクラスのものを使っていた。同じような時期に購入した知人から最近故障して、復旧の相談を受けていたが最終的には新品を買う決断をしたようだ。
昨日、日曜日だったが、月曜納品を頼まれていたデータの修正作業のため電源を入れても起動しない.......
電源のLEDが点滅をしているから、メモリーの不具合のようだ。
このトラブルは以前もあって、4Gほどのメモリーを取り外していたので、またか....と、怪しいメモリーを引っこ抜いて起動した。残ったメモリーはたったの6Gしかないが、やむを得ない。
mem.jpg

メモリーなどは永久保証をしているメーカーもあるくらいで、途中で故障するとは思っていなかったがよくあるようだ。
そして、このマックのメモリーもすでにデスコンの部類になっている、つまりソニータイマーじゃあないけれどマックにも時限爆弾が組み込まれているのかもしれない。まあ電気製品の耐用年数は5年ほどだからこの2008年バージョンはすでに過去の製品なのだ。
そうは言っても最新の「黒いごみ箱」はそう簡単に買える値段ではない。
オークションで中古部品を探しながら、もう数年は頑張ってみることにする。
撮影機材も老朽化していて修理をしなきゃあならないが、これもだましだましの扱いで、自分の体のメンテナンスも含めて懐具合と相談しながらボチボチやっていくしかないのだ。年を取るということは残酷なもので現役で仕事をする上では「あと何年」という事を頭の片隅に置きながらやっていかねばならないことをどうしても考えてしまうのだ。
[ 2014/08/18 11:03 ] デジタル | TB(-) | CM(3)

京都迎賓館

 7月の初めだったか「平成26年京都迎賓館参観 参観証」というメールが来ていた。そういえばメールで申し込みが出来たので申し込んだような気がする。そのメールをプリントして「参観証」になるというのがわからずに、そのうちハガキでも来るんだろうと忘れていたが、「早起きおっさんのブログ」でその事を知ってもう一度メールを探してみたわけだ。
8月2日の午後2時から4時の間のみ参観出来るように書いてある、次男坊を連れてまずは京都市美術館別館でやってる「視点京都展(日本リアリズム写真集団)」を一通り見て、御所近辺に駐車して昼食、御所に向かったが中途半端な雨で傘をさすべきかどうか迷う。京都御苑は700m×1300mの広さでしかも砂利道、歩きにくい。途中の瓦を見ながら、さすが菊の御紋だなあと感心していたら京都迎賓館になると五七の桐に変わった。
_B7A0685.jpg

_B7A0675.jpg

御所の中にあっても宮内庁ではなく、これは政府の管轄なのだ。
まずは南門の前で「参加証」の確認、そのあと地下のスペースで金属探知機を通り、参加証と身分証明書を提示してPC上のデータと照合、ようやく参観者のバッジを渡された。その後はロッカーに荷物を預ける事になっていて、持ち物はカメラ1台とパンフレットのみ、そこから地下道をくぐってようやく正面入り口に到着、ここでも左右は撮影禁止、正面のみOKなのだ。
_B7A0673.jpg

当然というか、途中の通路などは一切撮影禁止、池の橋上でも撮影は禁じられた。
_B7A0653.jpg _B7A0658.jpg

まあ、迎賓館だからしょうがないがどうしてもホテルの宴会場にしか見えない。ただかなり贅を尽くしているのだけはよくわかる。

_B7A0648.jpg

_B7A0665.jpg

池の鯉は旧山古志村からきているらしい、さすがにそこいらの池の鯉と違って綺麗な色つやだ。
_B7A0667.jpg
ウガンダ国王はこの船で大層喜んでいたそうだ。

おっと、今年はネタニヤフも来ていたのか......優しい気持ちを学んで帰ったのではなかったのか...。


_B7A0686.jpg
御所の中は「皇宮警察」の管轄、パトカーもちょっと違う黒塗りだ。

もう少し天気がよければゆっくり歩いてみたかったが、あいにく雨が強くなって来たので慌てて車に戻り帰路についた。京都の真ん中にこんなに広い静かな場所があって散策にはもってこいだが、なかなか「わざわざ」行く用事もないし、こういう一般公開の時にもう少し時間を取ってゆっくりしてみたいものだ。






[ 2014/08/04 12:24 ] 趣味 | TB(-) | CM(4)

外付けハードディスクとUSB3.0

 まあ、基本的に備忘録として書いているのだから文脈はむちゃくちゃです。

デジタルになって楽になった反面、納品後にデジタルデータの有無を聞かれることが多くなって保存しなければいけなくなった。フィルム時代はフィルムを納品してしまえばもうこちらの手を離れたわけで、あとで聞かれてももうありませんと言えばおしまいだった。ところがデジタルデータはいくらでも複製できるし、いくらディスクで納品してもすぐなくすクライアントが多くなったのだ。そうなるとどうやって保存しておくか......。CD、DVDでは容量が少ない、ブルーレイディスクという手もあるけどこれからまだ大容量のメディアが出てきそうだから、今のところハードディスクに入れたままだ。
そのたびにハードディスクを入れ替えて探すのも面倒なので外付けのハードディスクケースで抜き差ししていたがそれもまた厄介。いっそのこと全部のハードディスクを繋いでしまおうと購入したのが「裸族の集合住宅5BAY」というやつ。
ただ、USB2.0のままだと速度が非常に遅いのでUSB3.0のインターフェースボードも購入した。
USB3.0のインターフェースボードはただスロットに挿すだけだと思い込んで接続したが認識せず.....よく考えたら電源ケーブルを繋がなきゃならないのだった、MAC PROのパワーソケットの空きがなくて一番端のハードディスクを抜いてそのソケットを使うことで解決、USB2.0で接続したときに比べると3倍以上の速度でアクセスするようになった。

h.jpg

結果、こういう状態に.....黄色いアイコンが外付けハードディスク。

これで快適に作業ができると喜んでいたら、突然プチンとディスクが切れて「不正な取り出しでなんとか」とエラー表示が出てしまう。こうなったら何を疑うか.....PCのリソース不足か、電源のアンペア不足か???
一日悩んで結局わからずだったが今日になってひらめいた。

HD.jpg


これだ!
省エネルギー設定でスリープ状態は回避していたはずだけれど、「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」というところにチェックが入っていた。
購入した「裸族の集合住宅」はスリープ対応してないから、PCがスリープ指令を出すと電源が切れてしまうのだ。
それまでインターフェースカードメーカーにクレームを出したりして「新品を送ります」とまでの返答をもらったが、なんてことはないこちらの無知によるものだった。コンピューターは間違ってないのだが、人間はトラブルになると冷静な観察がなかなか出来ないのだなあと反省。
[ 2014/07/03 16:18 ] デジタル | TB(-) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。